こころ、てくてく

漫画家 海山かのんが こころのこと 表現のことなどつぶやきます。

幼虫保護

うちの花壇に毎年アゲハが卵を産むことは数日前にも書きました。卵は時がくれば幼虫になり、脱皮を繰り返して成長します。

 

黒いゴミみたいな皮を脱ぐと、急激にふっくらと成長していき、ああ、サナギになるの楽しみだな、と思ったあたりで、真上にある電線に止まっている鳥たちにあっさりやられてしまう。鳥も食べごろを知っているのでしょう。

 

毎年、まあこれはこういうもんだ、子供の時みたいに飼う元気もないし、とあきらめていたのだけど、あまりに毎年こうなので勿体無いにもほどがある、と思ったのか夫がホームセンターで虫かごを求めてきた。とりあえず2匹保護したもようだけど、世話係は誰になるのだろう?f:id:raspberrychoco:20170814102702j:image