こころ、てくてく……表現するこころ

漫画家 海山かのんが こころのこと 表現のことなどつぶやきます。

雑誌『MIZUTAMA』6号 通販開始

8月25日のコミティアで初出しとなりました『MIZUTAMA第6号』公式サイトで通販開始になりました。おかげ様で、お買い上げいただいた方達にツイッター上などで好意的な呟きをいただいております。

 

雑誌『MIZUTAMA』にちらっとでもご興味を持たれましたら、公式サイトにお寄り下さい。

 

本日の素材遊び。

f:id:raspberrychoco:20190906103649j:image

iPhoneと指のみ。IbisPaint で。

宮沢賢治と保阪嘉内 …漫画 「君はカムパネルラ?」

f:id:raspberrychoco:20190824212841j:image

『MIZUTAMA』第6号の公式サイトで、私の宮沢賢治マンガの第5話「君はカムパネルラ?」が公開されています。24ページ、こちらでお読みいただけます。

今回は、賢治と心友の保阪嘉内のかかわりに焦点を当て、賢治と嘉内の共感と行き違いの背景を追い、それが「銀河鉄道の夜」にどんなふうに映し出されているか、私の思うことを、キャラクターたちが、ワイワイと語り合っているという趣向になっています。

 

これは明日参加する、コミティア129で書籍で出る『MIZUTAMA』第6号にも載っています。コミティアに来られる方はぜひ実際にお手に取って頂けたら嬉しいです。場所はAホールのJ−13aです。

 

そして、本編からこぼれた賢治関連の面白いエピソードを描いた本も出します。こちらにも保阪嘉内の話題があります。あと賢治と動物のかかわり、私の賢治作品との出会い、などなど、バラエティに富んだ内容になっています。

f:id:raspberrychoco:20190824215249j:image

 

コミティア129 での『MIZUTAMA』のお品書きはこちら。

f:id:raspberrychoco:20190824215445p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

コミティア129参加…J13a…『MIZUTAMA第6号』表紙

f:id:raspberrychoco:20190820121932j:image

この週末、8月25日( 日 )に、東京ビッグサイト青梅展示棟で開催される、コミティア129に、私の参加している『MIZUTAMA』が参加します。場所はAホールのJ−13aです。

 

新刊の「MIZUTAMA第6号」が出ます。

私も表紙をはじめとするイラストと、宮沢賢治の漫画、『君はカムパネルラ?』で参加させていただいています。

 

今pixiv で新刊記事のサンプルをお読みいただけます。私の漫画のサンプルもございますので宜しければどうぞご覧ください。

また、私名義では、宮沢賢治の面白いエピソードをいろいろ描いた本も出します。こちらは去年の冬コミに出したものとかぶるのですが、保阪嘉内の新作を加え、表紙も一新しました。コミティアに来られる際はどうぞのぞいてみて下さい!

f:id:raspberrychoco:20190822182322j:image

内容は、

○賢治と動物

○炎の人保阪嘉内

○私にとっての賢治

○賢治と旧かなづかひ

となっています。

 

お品書きはこちらです。

f:id:raspberrychoco:20190825030225j:image

コミティアでお会いできたら幸いです!

 

仕事に彩りを!…文具特集『MIZUTAMA』第6号

私の参加しているウェブマガジン『MIZUTAMA』は第6号を迎え、公式サイトでは記事が次々とアップされています。今回は各界で活躍されている女性の記事を紹介いたします。

 

はじめにシンガーソングライター/ライターの

Amika さん。

 

そして、キッチンスタジオ「Kitchen Bee 」オーナーの梅村小百合さんです。

 

続きます。

 

このくらいの万年筆で書いたらどんな感じだろう? お正月に大筆でパフォーマンスするみたいに。

f:id:raspberrychoco:20190819163326j:image

 

 

 

 

万年筆と紙とインクと…『MIZUTAMA第6号』

参加しているウェブマガジン『MIZUTAMA』第6号が始まりました。今回の特集は「仕事道具と万年筆」です。公式サイトに記事が続々アップされていますが、ここでも紹介していきます。取材、文、は田下愛さん、撮影は土田有紀恵さんです。

 

はじめに、東京 久が原にある万年筆を中心にこだわりの文具を扱っている『アサヒヤ紙文具店』

 

第2弾はカッター一本で自在に独特な世界を紡ぎ出す、きりえ作家の 「きりえや」こと高木亮さん。

さらに、続きます!

 

f:id:raspberrychoco:20190816170713j:image

 

 

 

 

最新号『MIZUTAMA 』6号 始動!

f:id:raspberrychoco:20190810214231j:image

私が参加しているウェブマガジン『MIZUTAMA 』最新号6号が発行されます。

 

5号に引き続き、文具特集で、今回は仕事に寄り添い鼓舞する文具に焦点を当て、特に万年筆に注目した内容となっています。

 

ほかにも旅行記や映画コラムなど興味をそそる記事をお届けします。このブログでも紹介していきます。

 

私はイラストと、漫画『君はカムパネルラ?』(宮沢賢治ってどんな人?第5話) で参加させていただきました。

 

今回は幾人もの人物の絵を描きました。敬愛するフランス•ハルスには遠く及ばないけれど、愛ある似せ方を心がけたつもりですが…ご覧いただけたら幸いです。

 

記事は公式サイトで公開されていきます。書籍でも発行予定です。

保阪嘉内を追いかけて

f:id:raspberrychoco:20190803111347j:image

先日、ここのところ取り組んでいた、宮沢賢治心友 保阪嘉内の関わりを描いた漫画を描きあげ、編集サイドに渡すことができました。

 

それを終え、北海道の実家に介護帰省するべく飛んで来、中継によく使う札幌近郊のホテルに泊まっているのですが、ここの企業の本体が嘉内の故郷山梨であることを思い出して、思わず「嘉内!」と心が呟きました。

 

そのような心境になったのは、宮沢賢治の保阪嘉内への思いの根っこ、動機を探し追っているうちに、何か私の内側にも嘉内に対して慕わしいような気持ちが醸成されてしまったからだと思われます。

 

賢治の書簡やさまざまなエピソードを通して、嘉内の、臆せず共鳴や違和を表明しハラハラさせる所や、歌や文章の口調がきっぱりとして風が吹き抜けるようなところ、真っ直ぐに自分の思う道に挑んで行くところ、緻密で誠実なスケッチの数々を知り、少年漫画のヒーローのようなたたずまいに引き付けられたのです。

 

賢治はこの友が複雑な思いもありながら理屈抜きで好きだったのだろうなあ、と思わせられました。

 

嘉内の軍務姿を描こうと思いましたが、今手元にあるのはiPhone と百均のタッチペン。 ibisPaint で格闘して何とか形にしました。