こころ、てくてく

漫画家 海山かのんが こころのこと 表現のことなどつぶやきます。

創り手としての保阪嘉内と宮沢賢治

f:id:raspberrychoco:20190520092626j:image

宮沢賢治の長年の心友、保阪嘉内について書かれた様々な文を読み、まず浮かび上がってきたイメージをことばにすると「 臆することなく自分を押し出す人 」です。

 

仲間と上演する劇の脚本を一気に書き上げ、ちゃっかり自分にいい役を設定したり、写真に目立ったポーズで写っていたり、権威への反抗を行動に出し文にも書き、ついに放校処分に至ってしまった。

 

そうしたことを踏まえて、嘉内のつくるものには激しく押しの強い、表現主義の作品によくあるような荒っぽさがあるのかと想像していました。

 

数年前に、私が賢治の漫画を掲載させて頂いている、MIZUTAMAのメンバーと一緒に、嘉内の出身地韮崎市の『アザリア記念会』を取材させていただきました。

 

そこで、大切に保管されている嘉内の大量のスケッチを見せていただく機会を得ました。嘉内のスケッチから受けた印象は、緻密で手抜きのない、地に足の着いた、対象への誠実な眼差しでした。

 

題材は多岐にわたり、幅広い関心が伺え、色使いはバランスよく豊かで、ここから多様な表現に発展していく萌芽を感じさせます。

 

賢治は、嘉内のよく耕された広い感性の沃土のふところで、まどろんでいたものを思い切り表現しはじめたのかもしれません。

 

短歌をつくっていたとはいえなかなか発表はしなかった賢治ですが、どしどし作品を人前に出していく嘉内に感化されたということもあるでしょう。嘉内の世界から得たインスピレーションを作品に生かしたのでは、という考証もありますね。

 

嘉内も、独特で深く豊かな賢治の表現を、面白がって受け止め、心から賞賛したのだと思います。

 

そんな2人の交流をイメージして描いてみました。右が賢治、左が嘉内、のつもりです。

 

2人とも生涯にわたり創作を続け、賢治は死後広く認知されていくことになります。

 

様々な事情で、嘉内の作品は世に出ることが少なかったのです。賢治、嘉内、資質の違う巨きな才能の交歓をもっと堪能したかったものだ、と思います。

 

嘉内が出版しようとしていた歌稿が不運にも失われてしまったこと、そして嘉内の賢治宛書簡がゆくえ知れずになったことが本当に惜しまれます。

 

嘉内のスケッチなども掲載されている、アザリア記念会のサイトはこちらです。

http://www.azarea-kanai.com/

 

 

想い出…初めてのデジタル絵

f:id:raspberrychoco:20190222201537j:image

10年くらい前かな?

イラストスタジオというペイントソフトを電機店で購入したところ、favo という板タブをおまけにつけてくれました。

 

もうこれでパソコン上で自由に絵やマンガが描けるのかな、と思い、とにかくやってみるも何がなんだかわからない。

 

スタイラスペンの先を画面に付けていないのに、動きに連れて線が描かれてしまう。水彩みたいに薄く塗りたいのにどうやればいいの?

かと思うとちょっと手のひらが画面に着くと、画面が豆粒のようにちっちゃくなったり、どこかにすっ飛んでしまったり。

 

もう自分には、パソコンで絵を描くのは無理、と絶望で一杯になりました。パームリジェクションとかブラシツールなんてこと、微塵も知らなかった頃のことです。今なら笑い話ですけれど。

 

しばらくして、Intuos4という板タブを購入したところ上記の不具合があっさり解決したのには呆れてしまいました。ほとんど機種の問題だったのです。ソフト購入時におまけに付けてくれたfavo は、もう古くて売り物にならなくなったので、無料で付けてくれたのかもしれません。

 

この絵がfavoを使った記念すべき、初デジタル絵です。ペンの動きに線がいちいち描けてしまっているのが見えますね。微笑ましい、想い出深い絵です。

ネットの色と印刷の色…CMYKで試行錯誤

f:id:raspberrychoco:20190422172626j:image

ネット上で描いたイラストの色、特にこの絵の背景のようなマゼンタ、服の紫、影のきれいなブルーグリーンなどは、紙に印刷された時にくすんだ色になり、落差に驚くことになります。ネット上で出せる色の幅は印刷で出せるそれより広いのです。

 

そこで私の利用している漫画制作ソフトのクリスタでは、CMYK スライダーというものを使用し、印刷された色を予測しながら塗っていく、という機能があるのですが、それを使うとこんな感じになりました。

f:id:raspberrychoco:20190422171724j:image

比べるとくすみを感じますが、こちら単体で見ればこれはこれで悪くないと思えます。最終的に印刷されたものの色味も、また微妙に違ってしまうことがあるらしいですけれど…

 

ちなみにこの絵は、2歳前後ころの私の子供。色塗り実験のためにぱっと描ける絵を、と思った時に彼が隣にいて何か喋っていたので、ふと小さいころを思い出して描きました。

 

 

ジャムを作りました。砂糖は目分量。

f:id:raspberrychoco:20190423134419j:image

 

 

 

 

ボヘミアンラプソディー…クイーンとThe Whoのライブエイド’85

f:id:raspberrychoco:20190322215725j:image

万年筆で色々描くことをこの頃は楽しんでいるのです。先日クイーンの映画を観た余韻で、買い物のメモ紙に万年筆でちょっとごちゃごちゃと落書きしたら、けっこう面白くかわいい感じにかけたので、お絵かきソフトに取り込んで髪の毛だけちょっぴり色入れてみました。

 

左、ジョン ・ディーコン氏を特にかわいく描いているのは私が贔屓しているからです。彼のキャラクターは、映画の中でもちょっと脱力した良い味を出していました。彼作の『地獄へ道連れ』はお気にいりの一曲。

 

映画では、フレディの突出した存在感に改めて感じ入ったのですが、他の3人もバンドの看板となるレベルのヒット曲を創っているのです。4人ともに能力が高く、インテリ度も高いというのが私の抱くクイーンの印象です。

 

この1985年のライブエイドのとき、クイーンはまだ4人欠けることなくフルメンバーで、語り継がれることになるライブを炸裂させていました。

 

いっぽう、私の贔屓バンド、The Whoは、ドラムのキースムーンを亡くしたのちの解散を経て、やっと再びThe Whoとして始動していました。85年のライブエイドに関しては、映画を観るまで、クイーンの演奏がどんなだったか知らず、主にThe Whoのものを観ていたのです。フーは最盛期を過ぎて、試行錯誤してるなぁというのが正直な感想でした。

 

The Whoは、私の感じですが、乱暴な言い方をすると、ドラムの人がフレディマーキュリーのような存在感を持っていて、後ろからガーっと曲の質感が立ち上がってくるような特徴があります。

 

リズム隊が、暴走するだんじり祭の山車のように突っ走り、フロントの二人がそこにガンガン乗っていく、それがたまらない魅力でした。

 

ドラムのキースムーンは、突出した存在感の持ち主にありがちな生き急ぎっぷりであっけなく30過ぎで逝去。死への衝動と表裏一体だったのでしょうか、あの演奏は。普通がいくら望んでも得られないリズムの才能を、もっと私たちのために体を大切にして、贈り続けて欲しかった。

 

キースの中年様式、老年様式も観たかったと、切に思います。

 

 

それはさておき、85年のライブエイドでのクイーンは本当に凄い盛り上がりです。フレディのパフォーマンスもキレキレ。素晴らしい!

 

ライブエイド85 年のクイーンの動画はこちら。

宮沢賢治と桜

f:id:raspberrychoco:20190407222906j:image

「桜の花が日に照ると

        どこか蛙の卵のやうだ 」

 

宮沢賢治の『 春と修羅 』第ニ集の『春』という詩にこんな一節があります。

 

たいへん私にとってインパクトのある例えで、桜が満開になると必ず思い浮かべてしまいます。私には、子供のころ池などにある蛙の卵を時々持ち帰り、オタマジャクシにかえして喜んだりした思い出があるからです。

 

ゼラチン質の、命を一杯含んだプリプリとしたあの独特な感じ。あれを桜の花の集合体に例えるのは絶妙で、なんとなくほのかな悪意も感じます。

 

桜といえば単純に美しい、有り難いものとして喜び騒ぐ多数の人々にたいしての、でしょうか。

 

賢治の例えが真っ先に来ないように対抗する例えを作ろうとしてみたりしますが、なかなか賢治には勝てないでいます。

 

賢治は、自分の創作をよく弟妹に読んで聞かせていたようなので、この蛙の卵の例えをいたずらっぽく妹に披露したかもしれません。そんな姿を想像してイラストにしました。

 

 

関東は満開の桜が低温続きで長持ちしました。私も今年は充分に盛りを堪能できたと思います。昨日は週明け月曜でしたが、桜並木は週末歩いた人々のゴミが山盛り。ぴかぴかしたカラス達がダイブしていました。ピークは過ぎましたが、もう少し名残りの桜を楽しめそうです。

f:id:raspberrychoco:20190408081125j:image

お絵かきソフトで写真にこんな風にフィルターをかけて加工できるんですね。面白い! 使用したのはアイビスペイントです。上のほうのイラストはクリップスタジオ。素材頼みだなあ…

 

ごぎのごぎおほん…宮沢賢治のふくろう

f:id:raspberrychoco:20190325132910j:image

「ごぎのごぎおほん」

宮沢賢治の『かしはばやしの夜』の一節で、ふくろうの声なんですが、一回読んだら忘れられませんでした。

 

ふくろうの鳴き声とはとても思えない。

おほん、は許容範囲ですが、どう聴けば、ごぎのごぎ、になるのか。

 

そう疑問に思いつつ、どうにもできず数十年放置。

 

賢治漫画を描くようになって、色々未読のお話を読んでいるうちに、『よく利く薬とえらい薬』という話の中に、また「ゴギノゴギオホン」とふくろうの鳴くシーンが出てきました。

 

やはり賢治は、ふくろうの鳴き声は、ゴギノゴギオホンと表現したいようです。

 

実際ふくろうはどう鳴くのか?

つきつめて関心を持ったことはなかったのです。

幸い今は検索時代ですから、ふくろうの鳴き声の動画を探してみました。

 

結果、ふくろうの鳴き声が実に多様であることを知りました。猫みたいなもの、犬のようにワン!というもの、ジージーほとんど雑音、なもの。

 

しかし、中には「おやっ?」と思うものもあったのです。「 おほん、ギギギギ」と鳴くふくろうの動画がありました。喉でギギギというところが、聞きようによっては、ゴギノゴギ、と言えないこともないな、という気がしました。

こころてくてく、のこころは何…アイビスペイントで作成

f:id:raspberrychoco:20190318064200j:image

こころって何でしょうか?

…とこのブログを始めた頃書いたことがあります。

 

少なくとも、私はどういう意味合いでこころと言っているんだろうか。題名に持ってきている以上少しは考えた方がいいように思うようになったのです。

 

今考えられる精一杯は、今まで自分が生きてきた機縁によって、脳と体が編み上げた、感情、思考、意志 の傾向、クセの総体、とでも言えるでしょうか。

 

これが、内外の刺激にさまざまな色で反応しつつ忙しく点滅して日々を過ごしているのかもしれません。

f:id:raspberrychoco:20190318064945j:image

帰省中でiPhoneしか使えないので、クリスタ抜きでイラスト作成しました。なかなか線が引きずらいので、ほとんど素材だけでつくっています。活躍するのはアイビスペイント。けっこう気楽で楽しいです。