こころ、てくてく

漫画家 海山かのんが こころのこと 表現のことなどつぶやきます。

アゲハとヘンルーダ

ラナンキュラスの花が終わってしばらく放置、残った茎葉を花壇に植え替えました。それはすくすく伸びて、ラナンキュラスとは似ても似つかぬいかにも雑草然とした黄色な花をつけたのです。そう、ラナンキュラスはいつの間にか枯れ果てていて、雑草と入れ替わっていたというわけ。しまった、騙された 、と抜こうとしたら、アゲハの幼虫がポツポツといるではないですか。それ以来うちの花壇の主役になって数年経ちました。

 

その幼虫を虫かごに2匹保護したのをきっかけに、色々アゲハの幼虫について調べたら、うちの雑草とそっくりな植物が引っかかってきた。雑草さんは 、お金を出して買うような 、ヘンルーダという立派な名前を持つハーブだったのです。買った覚えはないのでどこからか種が飛んできたんでしょうね。

 

ヘンルーダは地中海原産で乾燥に強いが寒さにはやや弱いそうです。古くから 薬草として用いられていたとのこと。まったく気遣いせずほったらかしだったんだけど、よく枯れなかったもんだ。だって、雑草だと思ってたし。匂いも強くて、さすが雑草だなあなんて感心したり。思い込みとはおそろしいものです。f:id:raspberrychoco:20170817000052j:image