こころ、てくてく……表現するこころ

漫画家 海山かのんが こころのこと 表現のことなどつぶやきます。

ウェブマガジン『MIZUTAMA』

宮沢賢治と保阪嘉内 …漫画 「君はカムパネルラ?」

『MIZUTAMA』第6号の公式サイトで、私の宮沢賢治マンガの第5話「君はカムパネルラ?」が公開されています。24ページ、こちらでお読みいただけます。 今回は、賢治と心友の保阪嘉内のかかわりに焦点を当て、賢治と嘉内の共感と行き違いの背景を追い、それが「…

コミティア129参加…J13a…『MIZUTAMA第6号』表紙

この週末、8月25日( 日 )に、東京ビッグサイト青梅展示棟で開催される、コミティア129に、私の参加している『MIZUTAMA』が参加します。場所はAホールのJ−13aです。 新刊の「MIZUTAMA第6号」が出ます。 私も表紙をはじめとするイラストと、宮沢賢治の漫画、『…

仕事に彩りを!…文具特集『MIZUTAMA』第6号

私の参加しているウェブマガジン『MIZUTAMA』は第6号を迎え、公式サイトでは記事が次々とアップされています。今回は各界で活躍されている女性の記事を紹介いたします。 はじめにシンガーソングライター/ライターの Amika さん。 そして、キッチンスタジオ…

万年筆と紙とインクと…『MIZUTAMA第6号』

参加しているウェブマガジン『MIZUTAMA』第6号が始まりました。今回の特集は「仕事道具と万年筆」です。公式サイトに記事が続々アップされていますが、ここでも紹介していきます。取材、文、は田下愛さん、撮影は土田有紀恵さんです。 はじめに、東京 久が原…

最新号『MIZUTAMA 』6号 始動!

私が参加しているウェブマガジン『MIZUTAMA 』最新号6号が発行されます。 5号に引き続き、文具特集で、今回は仕事に寄り添い鼓舞する文具に焦点を当て、特に万年筆に注目した内容となっています。 ほかにも旅行記や映画コラムなど興味をそそる記事をお届けし…

少女のペン画……インクを買ったので

山葡萄色、深海色、土筆(つくし)色、と言葉にすると、新鮮なイメージが湧く心地がします。エンジ、ブルーグレー、焦茶、とつい慣れた単語で済ませてしまうのですが。 先日、雑誌『MIZUTAMA』のメンバー達で、久が原にあるとても素敵な文具のお店、『アサヒヤ…

『MIZUTAMA 5』 通販始めました !

私の宮沢賢治の漫画、『宮沢賢治ってどんな人?』の第4話、『カムパネルラのシルエット』を掲載していただいている、『MIZUTAMA 5』の通販が公式サイトで始まりました。 先日のコミケ95で発売された新刊です。 通販のご案内はこちらです。 こちらの記事で内…

文学フリマに出店参加します!

私の参加ウェブマガジン『MIZUTAMA 』は、5月6日(日)の東京流通センターで開催される、文学フリマに出店参加いたします。第4号をまるまる一冊オールカラーで本にしました。私が連載させていただいている「宮沢賢治って、どんな人?」の3話目も掲載されていま…

マトリョーシカはどこから?…『マリンカ』 ロシア雑貨の魅力

私の参加しているウェブマガジン、『MIZUTAMA 』 編集部は、西武池袋線 椎名町駅が最寄りの、ロシア雑貨店『マリンカ』を取材いたしました。 オーナーの鈴木真理子さんに、ロシア雑貨についてお聞きした記事が公開されております。ロシアについて漠然と抱い…

『ユーリ!!!on ICE』オタトーク紹介 続き

ウェブマガジン『MIZUTAMA 』で、仲間たちが『ユーリ!!! on ICE』のオタトーク記事をアップしたことを、前回紹介させていただきました。 オタトークはこちらでお読みいただけます。 https://note.mu/tsuchinoko/n/n1675305d92c1?magazine_key=mb8bb0bacc3f6 …

『ユーリ‼︎! on ICE』のトーク

私の参加している、ウェブマガジン『MIZUTAMA 』第4号では、ロシア特集をしております。仲間の愛さん、ツッチーさんによるオタク系コンテンツ会議連載も、ロシアに縁のある作品が取り上げられました。記事のタイトルは、「愛とツッチーのオタトーーク〜 第4…

宮沢賢治の連載マンガ、更新です

ウェブマガジン「MIZUTAMA 」に載せていただいている漫画、「宮沢賢治ってどんな人?」の第3話をアップいたしました。この漫画は、聖人、義人としてではない、等身大の人間賢治を描くことを目指しています。 今回は期間限定ですべて無料公開になっております…

ウェブマガジン「MIZUTAMA」第4号 発行

私が参加しているウェブマガジンの新刊が発行されています。 今号はロシア特集です。ロシア料理、雑貨、ロシア映画、ドストエフスキーなどなど、様々な角度でロシアを語ります。きっといくつも「えっ、そうだったんだ!」というところが見つかりますよ。私の…